グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  操作ガイド >  環境設定 >  メール通知設定

メール通知設定


ユーザーへの自動返信メールの設定や管理者への回答通知メールの設定が行えます。

メール通知フロー

メールが受信できない場合については下記のQ&Aをご確認ください。



回答結果のサーバ保存

送信された回答結果(ユーザーの入力内容)をサーバに保存"する"か"しない"かの選択ができます。
保存しない場合は、管理画面上での回答結果閲覧やCSVダウンロードができなくなります。

※サーバにデータを保存する際にはSSL暗号化通信によって保存されます。
 さらに保存された個人情報データは暗号化されています。

回答時のメール通知

フォームからの回答があった際に、管理者宛てに送信される回答通知メールの設定を行うことができます。

①通知設定 ユーザーが回答する度に通知を受けたい場合は、「通知する(回答内容含まず)」「通知する(回答内容含む)」のどちらかを選択してください。
メール文面に回答内容を記載したい場合は、「通知する(回答内容含む)」を選択します。
②通知先メールアドレス 通知を受け取りたいメールアドレスを設定します。最大3アドレスまで登録可能です。
③差出人メールアドレス 通知メールの差出人(From)アドレスを設定します。
④差出人名(任意) メーラー(メール受信ソフト)に表示される差出人(From)名を設定できます。
⑤メール件名 メーラー(メール受信ソフト)に表示される件名(タイトル)を設定できます。

  • 入力欄に[項目ID] タグを入力すると、対象の回答項目で回答者が入力した値を引用することができます。項目IDは、各パーツの編集画面(入力画面編集)で確認できます。
    ※引用できる項目は、「名前」「プルダウン」「ラジオボタン」パーツのみとなります。

  • 「通し番号表示」のラジオボタンで、ユーザー回答時に自動的に割り当てられる通し番号(No.)をメール件名に表示することができます。
    ※「回答結果をサーバに保存する」が設定されている場合のみ有効です。

回答者への自動返信メール

フォームからの回答があった際に、回答者(ユーザー)への自動返信メール(感謝メール)を送信"する"か"しない"かの選択ができます。
送信する場合は、メールのタイトル・本文雛形・差出人アドレス・差出人名を設定します。
注意事項 自動返信メールを利用する場合には、ユーザー自身のメールドレスを入力させる必要があるため、フォームの入力項目にメールアドレスの要素が必要になります。

①送信設定 ユーザーへの自動返信メールを送信したい場合は、「送信する」を選択してください。
※自動返信メールを送信する場合は、クエッションボード内にメールアドレス入力項目が必要です。
②自動返信メールのタイトル メールのタイトルを設定します。
③自動返信メールの本文 メールの本文を設定します。

  • ユーザーの回答内容(入力内容)全てをメール本文に含めたい場合は、[回答内容] タグを入力します。

  • [項目ID] タグを入力すると対象の回答項目で回答者が入力した値を引用することができます。項目IDは、各パーツの編集画面(入力画面編集)で確認できます。

  • お問い合わせ番号をメール本文に含めたい場合は、[通し番号] タグを入れておきます。番号は6桁の番号が割り振られます。お問い合わせ番号は、「回答結果をサーバに保存する」が設定されている場合のみ有効です。
④差出人メールアドレス 自動返信メールの差出人(From)アドレスを設定します。
⑤差出人名(任意) メーラー(メール受信ソフト)に表示される差出人(From)名を設定できます。

項目IDの確認方法

自動返信メールの本文で設定できる項目IDは、入力画面編集で確認できます。
各項目のタイトル部分に表示されている[**********]です。(下記参照)
自動返信メールの本文エリアでは、カッコも含めた値を入力してください。

入力画面編集