グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  よくある質問 >  フォーム管理(環境設定) >  SPFの設定方法

SPFの設定方法


SPF(Sender Policy Framework)とは、自分のドメインでメール送信を許可するメールサーバーを特定するドメイン ネーム サーバー(DNS)レコードで、送信元ドメインが詐称されていないか(なりすましメールではないか)を検査するための仕組みです。
メールを受信する側のメールサーバがSPFを導入している場合、Quboサーバから送信されるメールが「なりすましメール」として判定されてしまいブロックされてしまいます。
そのため、お客様のドメインを送信元としてメールを送りたい場合には、お客様ドメインのDNSサーバでSPFの設定を行っていただく必要がございます。

ページ内目次


SPFの仕組み

メールの差出人アドレス(上記例) メールの受信アドレス(上記例)
info@aaa.co.jp yamada@bbb.jp
① Quboのシステムが乗っているQuboサーバからメールを送信します。
② 受信者のメールサーバは、送信元ドメイン(aaa.co.jp)のDNSサーバに、Quboサーバ(qubo.jp)が
  送信元サーバとして許可されているか確認します。
③ Quboサーバ(qubo.jp)が送信元サーバとして許可していることを返します。
  ※TXTレコードにqubo.jpが追加されている必要がある(設定方法は下記を参照ください)
④ 確認結果に基づき、安全なメールとして宛先のメールアドレスにメールを配信します。

SPFの設定方法

現在の動作に問題が無い形で、メール送信元のドメインを管理しているDNSサーバーのTXTレコードに「_spf.qubo.jp」をincludeで追加してください。
SPFの設定は、御社ドメインの管理者やサーバー会社にて作業を行う必要がありますので、ご担当者様へ以下の内容をお伝えください。

SPFレコードの設定例

TXTレコード
既存の設定例 example.com. IN TXT "v=spf1 (現在の貴社のIP一覧) ~all"
Qubo用SPF追加後の設定例 example.com. IN TXT "v=spf1 (現在の貴社のIP一覧) include:_spf.qubo.jp ~all"
※サーバによって設定方法が異なる場合がございますので、お客様ドメインの管理者やサーバー会社へご相談ください。